テープ起こしの種類

テープ起こしと一口に言ってもその方法は様々で、その人のしゃべりの癖によって依頼内容にも変化があります。

しゃべってる人の癖を全て抜いて読みやすい文章にして納品するパターンと癖とかはそのままで「えー」とか「あー」とかっていう言葉の伸びる部分等を抜いただけの文章で納品するパターン、しゃべってる言葉をそのまま起こして納品するパターンです。

これだけを見ると見やすくした文章しか依頼がなさそうにも見えますけど、そうとも限りません。実は癖とかをそのままにしてほしいって依頼も結構あるんです。

リアル感というかそういったものが欲しいって方もいるんですよね。そのまま起こすことを素起こしっていいますけど、これは裁判等に使う証拠をテープから文字に起こしたいって時とかに使われます。

あとは方言とかをそのまま参考にして文字に起こしたいって人とかにもこの素起こしっていう方法で依頼してくる方もいますかね。

読みやすい文字で起こすとそういった方言等は全て標準語で起こすことになるのでそれだとって言われる方もいるからです。

それとは別にこの仕事をしてると文字に起こすのにはちょっと難があるような古いデータのものもあったりします。音が途切れかけていたりとか雑音が多くてききとりにくいとかですね。

この場合は時間がかかるので私はあまり好きじゃないですね。結構苦労します。